キメロワ攻略まとめ隊

アプリゲーム「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル(キメロワ)」専門の攻略2chまとめ速報情報サイト

キメロワ攻略まとめ隊

RSS

鬼退治の必須武器「日輪刀」とは?黒色の剣の意味は?

   

キメロワの「鬼退治の必須武器「日輪刀」とは?黒色の剣の意味は?」に関するまとめ記事です。

ここでは、原作「鬼滅の刃」に登場する武器「日輪刀」について解説していきます。

日輪刀とは

陽光(太陽の光)以外で鬼を倒すことができる唯一の武器とされており、鬼殺隊隊士たちの基本装備である日本刀。
陽光山と呼ばれる太陽に最も近く、一年中陽が射す山で採取することができる「猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)」と「猩々緋鉱石(しょうじょうひこうせき)」を用いて刀匠の里の刀鍛冶によって鍛えられた日本刀。
太陽の光以外に対して不死身である鬼に対して、日輪刀で頸(首)を落とすことで絶命させることができる。

日輪刀の特徴

日輪刀は別名「色変わりの刀」と呼ばれていて、流派により5つの適正色がある。
しかし刀鍛冶が刀を打った状態では色は確認することができず、一定レベル以上の力のある剣士の手に渡った時に最初の1回だけ色が変わる。
他人が使った日輪刀を使用しても、元々の特性は変化することはない。
作中で師匠である鱗滝左近次に借りたものは、鱗滝の適正色である水色のままとなっていた。

色の種類

炎の呼吸:赤色
水の呼吸:青色
雷の呼吸:黄色
風の呼吸:緑色
岩の呼吸:灰色

ちなみに炭治郎の持つ「黒色」については、前例がほとんど無く出世できないといわれている。

黒い日輪刀の意味

「炎」「水」「雷」「風」「岩」の5つの基本流派の開祖は「日の呼吸」と言われていて「始まりの呼吸」とされている。
全ての流派の原点である「日の呼吸」から基本流派から派生したものであり、その基本の「日の呼吸」の特性が「黒色」ではないかとされている。
これは炭治郎が耳に付けている花札の飾りが「日の呼吸」の継承の証ともされています。

全集中の呼吸で漆黒の剣を使用すると、炭治郎は水の呼吸とは比べ物にならないほどの力を発揮することができるが、その代償として肉体への負担も非常に大きい。
それだけ強力な力を持つ「黒」のため、十分に扱える剣士がいなかったことから前例がなく謎に包まれていたのではないかと思われます。

 

 - キメロワまとめ